住宅ローンの保証とは?

家の購入で初めに思う事は現金調達の事でしょう。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。
期間は最長で35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険を掛けます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残りのローンが0円になる。
という保険です。
自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。
申し込み方法は、銀行または信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。
ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。
大事な点はどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。
かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも大事な審査の対象になりまので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が後々自分のためになります。
新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。
どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。
貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。
健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。
過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。
それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
住宅ローン減税を見込んで甘い見通しで融資を増額してみたりすることはやめてね!! 審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅ローンは連帯保証人が必要?審査通らない!【ローンの保証人とは?】