イオン銀行住宅ローンの審査って?比較してどうなの?

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数ありその年によって大きく変動する場合もあります。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすれば、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万~数百万単位の現金が必要となるでしょう。

参照:http://www.upshq.com/netbank/aeon-jyutaku.html

物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申請後は金融機関側の審査がありそれにパスが出来ないと次の段階には行けません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

かつ、過去に使用したことがあるカードローンの事も厳しくチェックする所はチェックされますのでもしも今後住宅が欲しいと思っているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

とはいえ、家は高額な買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋任せにしても良いと思います。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども申し込みは可能です。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。

という物でもありませんので、注意が必要です。

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。

ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

数年以内にイオン銀行住宅ローンを希望されている方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、合計で計算することで、全体像が見えてきます。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行ではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。